道楽模型堂弐号店

道楽模型堂弐号店

webサイト道楽模型堂のブログ版&日記などです。 普段思ったことや模型の製作状況などを載せようかと 思います。

 

魔神英雄伝ワタルの思いで

時は1988年の春。

テレビから巨大ロボットアニメが消えてしまいオリジナルビデオアニメーションや

劇場映画として作られるようになった時代。

そんなある日、新しいアイデアを盛り込んだロボットアニメが放送を開始しました。

それが「魔神英雄伝ワタル」でした。

最初はアニメ雑誌のニュータイプで春開始のアニメ特集か何かで見たと思います。

主人公の名前と思われる「ワタル」。ロボットアニメならロボットの名前が番組名に

成ると思うんですが、題名からして変わっていたのです。

そしてワタルが乗り込む「龍神丸」。そのころすでにはやり始めていたSD体型のそれは

大きさもわからず動力もわからず、見た目はドラグナー1型のようなその青さから

レイズナーのような・・・・。3頭身で勾玉が付けられ刀を背中に背負っていました。

(面白いのかこれ?いやたぶん小さな子供向けの番組だろうけど・・・・)と、思いましたが

先に書いたようにテレビからロボットアニメが消えて久しく、さらにサンライズ制作の

オリジナルロボットアニメですからとりあえず見てみようと思った訳で・・・・。


第一話を見て世界観や話のフォーマットを理解しとりあえずビデオを撮り続ける事を

決めました。物語はそのころファミコンで絶大な支持を得たドラゴンクエストなどの

RPGの要素を盛り込み、レベルアップや謎解きをしながらボスを倒すために戦い進むというもので、

ギャグをちりばめながらの1話完結の作りでした。

子供の時ならいざ知らず正直中盤まで非常につらかったんです見ることがね・・・・だってもう

高校3年生でしたから。

ところが、レベルアップをしたり階層の中ボスを倒すとさらに上の世界に上がれるという

ゲーム要素が感じられてから面白くなり、番組開始とほぼ同時にタカラから発売された

プラクションシリーズという商品もあり最後までビデオを撮り続けたのです。

そんなある日、ビデオをもう一度続けて見てみるとこれが面白い。一話完結と思っていたものが

続けて見ればストーリーがちゃんと見えてくる。

アニメ作品には色々な見方があると言う事を教えてくれた作品であり、好きなアニメとして

名をあげられる一本に成っております。

その当時タカラから発売されていたプラクションは、プラモデルの形態をとった

成型色と一部塗装済みのパーツで組み立てるだけで劇中の魔神(マシン)を

再現できる商品で、一つの機体に1アクションが出来るギミックが付いておりました。

当時は低価格帯の商品でありながら頑張っていたと思いますが、時は流れ現在の目で見れば

結構厳しい物。そして数年前からバンダイがロボット魂シリーズで

完成品の可動フィギュアとして龍神丸が加わりました。

その龍神丸もver.2となり・・・・・

d56.jpg

もう劇中そのまま。今だから書きますが龍神丸も好きなロボットなので

ガレージキット展開とか考えていましたが、完成品でこんなのがあればこれを買ってもらった方が

良いというもの・・・・・。

そしてなんで今頃こんな記事を書いているかと言えば、龍神丸の後ろに見切れている・・・・

d57.jpg

空神丸が発売となったからなのです。龍神丸は空を飛ぶ能力が無いため、弱点に成っていた

空戦能力を味方に成った空神丸のおかげで飛行能力を手に入れてパワーアップをします。

この辺はマジンガーZのジェットスクランダーと同じでして大好物な展開なのです。

まさか20年以上たってからこんな商品が出るとは・・・・・。

スポンサーサイト
 
<- 06 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

茂吉

Author:茂吉
「母さん、生まれ変わった僕の体を見て」

病弱ではないけれど、模型製作のため義体化し電脳によるモデリングに頼り切っため明日を見失っているアマチュア原型師です。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login