道楽模型堂弐号店

道楽模型堂弐号店

webサイト道楽模型堂のブログ版&日記などです。 普段思ったことや模型の製作状況などを載せようかと 思います。

 

ここのところの手の作り方

さて今年もあとわずか。

毎年1年経つのが早くなっていますね。

時間の感覚は小学生の時期が一番長く感じられるらしく、

一定時間でどれだけ身体が動いているかを計測する活動時計という物があり

小学生は大人の4倍活動しているらしいのですが、

単純に考えて1時間が大人の4時間に相当するらしいです。




勉強がつまらなくて時計が進まないと思っていたよ・・・・。


そんな訳でこれです。
DSC_0023.jpg
シリコンにレジン流してポリプロピレンの板を乗せて
重しの塗料や分銅を置いてます。


DSC_0026.jpg
型から外すとこうなります。


DSC_0029.jpg
どんどん外します。手を作っていました。片方の手で5パーツで
構成しています。これはMODELAで切削をする場合効率よくレジンに置き換えるのには
どうしたらよいかを考えていたらこうなりました。


DSC_0030.jpg
これは両面型。これも粘土埋めしないで型を作っています。


DSC_0032.jpg
中身は親指でした。


DSC_0037.jpg
パーツを組み立ててみました。1ミリのミルで切削しているので
関節の節などはMODELAで削れません。後から手彫りしています。


DSC_0039.jpg
手彫りをする必要と型を作ることを考えて5パーツに分割したわけで
これ以外に刃の有効の長さも関係してくるため
1工程ずつ正解を考えないと駄目なのです。
機械の切削も楽ではなく手間は確実に増えますね。
スポンサーサイト
 
<- 12 2011 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

茂吉

Author:茂吉
「母さん、生まれ変わった僕の体を見て」

病弱ではないけれど、模型製作のため義体化し電脳によるモデリングに頼り切っため明日を見失っているアマチュア原型師です。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login