道楽模型堂弐号店

道楽模型堂弐号店

webサイト道楽模型堂のブログ版&日記などです。 普段思ったことや模型の製作状況などを載せようかと 思います。

 

可動部への飽くなき挑戦

MGワイルドタイガー購入したのに作れません。箱の中見ただけだよ・・・・

楽しみにしていたのにね。

まあ作れない訳は察しの通りですよ、しかし毎日形に成っていくので

充実した日々を過ごしております。

んじゃ、今日のヴァリアント。

DSC_0018_2036.jpg

作ると決めたときに改めて設定画を眺めたところ問題が発覚。

ヒザの裏ですが太腿側には装甲に切り込みがあるんですが、下腿部側には全くありません。

どうやって動かすんだよと暫く考察。たとえ曲げられたとしても出っ張りが着いてます。

出っ張りをヒザが曲がったとき、脚本体に押し込むとか色々と考えましたが

デザインがそれを拒否しているのです。

俺の考えでは設定にない線を出来る限り入れたくないと思っているので

本当にどうにもならないとき以外は可動のための切り欠けは無しなのです。

画像の赤丸の部分ですが、ここは切り欠けているんだけど別の理由からでして

フレーム構造のためヒザを通すために仕方なしに入れました。

DSC_0019_2037.jpg

まず二重関節の上段大腿側は90度曲がりますが、残念ながら最大に曲げると・・・

DSC_0020_2038.jpg

青丸のところにすき間が空きます。まあ勘弁してください、最大に曲げなきゃそんなには

目立たないと思うので。

DSC_0022_2039.jpg

んで、下腿部側の関節は前方に引き出して関節が曲がるスペースを作りこんな風に曲がります。

関節に長さを取ってあるのでヒザの下の部位にも干渉せず正座に近いところまで

曲がるように成りました。やれば出来るもんだと思いたいのですがこの方法は

10年ほど前にザクⅢを作ったときに考えたネタだったりします。

脚のフレームは現在シリコンの海の中ですので複製が終わったらアップします。
スポンサーサイト
 
<- 06 2012 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

茂吉

Author:茂吉
「母さん、生まれ変わった僕の体を見て」

病弱ではないけれど、模型製作のため義体化し電脳によるモデリングに頼り切っため明日を見失っているアマチュア原型師です。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login