道楽模型堂弐号店

道楽模型堂弐号店

webサイト道楽模型堂のブログ版&日記などです。 普段思ったことや模型の製作状況などを載せようかと 思います。

 

第8話 「まぼろしの緑」

首都環状20号線工事が何者かに妨害されていると後藤隊長。

泉・篠原・山崎と1号機クルーに出動命令を出します。

雰囲気は第4話の「魔の山へ行け」に似ている感じでしょうか。

後藤隊長ははなから眉唾くさいのか、3人で行って確認して来いという始末。

まあ、話の冒頭で赤鬼を見てしまっている駐在さんが出ているんですよね。

そんなお話なのに出張る3人は便利屋の体を成して来ておりますが大活躍の末、

批判が集中している太田巡査の尻拭いをしていると整備班も言っております。

道すがら口を開くひろみちゃん。これから向かう鬼冬村には赤鬼伝説が残されており

暴れまくった鬼を優しさで改心させた村長の娘。はやり病で亡くなってしまい娘の墓に

お参りに来る鬼達。やがて墓には、けや木の大木が茂ったそうな。

民話と伝説好きなひろみちゃん、いつもより口数が多いのでおどろく遊馬。

隊長の怪しげな出動命令と、鬼の伝説が関係しているんじゃないかと話します。


道路工事の現場に到着すると複数のレイバーが壊されておりました。

現場監督は、けや木の御神木を抜こうとすると妨害が起きる、これは鬼のタタリなのでは・・・・。

話を聞くとぞっとするひろみ・・・。

そこに登場するばあちゃんとエセキ農機製豊作くんを操るグラサンの兄ちゃんが

異様な感じで通り過ぎます、見ていると非常に不気味というかシュールというか・・・。

ちらちら出てくる御神木によりそう女の子は最後に話に関わって来ます。

とりあえず現場検証というか壊れたレイバーをどかす野明たち。

するとレイバーの足跡を発見します。土木作業レイバーとは明らかに違う足形。

怪しむ遊馬。すると真っ赤なレイバーイタリア製ガンバルギーニさっそうと登場します。

自分の土地を提供するからけやきを避けて道を作れといってくれといかにも

お金持ちのじいちゃんが遊馬たちに言います。

鬼冬村に泊まりこむ遊馬たち。野明がイングラムのチェックをしていると背後に忍び寄る2機のレイバーが!!

野明の攻撃にひるみ逃げ出すレイバー。警察にまで手を掛けるという事はやはり何かあると

ふんだ遊馬は、御神木を切ってみようと村中に知らせ犯人の動向を見ることにします。

結果誘き出されるガンバルギーニと豊作くん。向き合うイングラム結局戦闘になり畑の土に足を

取られるもリボルバーカノンを向けられ戦意喪失するじいさんとグラサン。

間に入った美少女レイバー(ミディって名前のレイバーです)御神木に寄りかかっていた女の子が

操るレイバーでその娘はじいさんの孫。

孫いわく御神木を守るには秘密があるとの事らしいです。騒動をやめないのなら私を倒せと女の子が言います。

「特車二課第2小隊の名にかけてそんなことはさせない」と名乗りをあげる野明

それを聞いた女の子とグラサンは悪名高き第2小隊に恐れをなしじいさんを説得して事を収めます。

観念し真相を話し始めるじいさん。戦時中金品を集め軍に渡そうとしたき戦争が終わり

みんなに返すことなく御神木の下に隠したと。まあそれの発覚を恐れ伝承に乗っかって

工事の妨害をしていたと。隠しちゃった事は何ともいえませんがレイバーを数台破壊しているので

じいちゃんがこの後どうなったのかちょっと心配です。レイバー相当値段高いでしょうからね。

根元から出てきたお宝。村を守っていたけや木を移すことが出来ないか訪ねる孫娘。

イングラムを使ってけや木を移植することにした野明たち

その姿は鬼がけや木を山に帰っていくように見えると喜ぶ村人達でした。

孫娘は体が弱くレイバーを自家用に使っているようで、伝説に出てくる村長の娘と

かぶるような役柄だったのですが名前は何故かひろみちゃんと同じだったという

オチなのかな怪しいところでお話は終わります。








スポンサーサイト
 
<- 11 2015 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

茂吉

Author:茂吉
「母さん、生まれ変わった僕の体を見て」

病弱ではないけれど、模型製作のため義体化し電脳によるモデリングに頼り切っため明日を見失っているアマチュア原型師です。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login